私は現在、建築オフィスに勤務してあり

蒸し暑い太陽が貫く、いま近年。
なんだか「夏季」といえば、「心霊・幽霊」などのテレビ局が多く上る売り物。
そこで私も、近頃「こういうお話は真面目は思っていたけど、真面目ですな。」って
思ったはなしがあるので、書かせて下さい。
私は現在、建築オフィスに勤務してあり、
日々の忙しさに目が訪ねる情熱を通じております。
建築つながりというのは、不思議な体験をすることが多いようであります。
「なんだか、こういう場内は事がかしこくもたつく。」
そういうことが何かと立ち上がる場内の場合、工事に関わる頂点隊長をそろえ、
お祓いをするという事もあるようです。
また現在も、「邪魔が多い場内です。」というので、工事場内隊長とともに、
お祓いをする場内があるそうです。
お祓いするにあたって、「こういう場内の歴史をみてくれ。」とのことで、人々働き手で、
邪魔の多いこういう場内の事を探索を通じていくと、
その場内は「東京心霊パーツ」の1つになっているという、土壌に曰くつきの場内でありました。
そういう事があり、
ある日店先に同業建築輩のゲストがカウンセリングがあるとのことで来社しました。
セールスマンのものがゲストといったカウンセリング含め、他愛もないやり取りのなか、
「我々は近いうち、お祓いをすることになりまして。」
という、弊社のセールスマンのものがゲストに言うと、ゲストが「何故?悲劇も起きましたか?」という聞かれ、
自社セールスマンが、「いえ。邪魔が多くてですね。ずいぶん工事がもたつくのと、あとこの土地、曰く付きでして。」
それを聞いたゲストが、
「そういうのは心からあるからね。大手町の平将門の首塚は、真面目だからね。それで人死ん出るし、火事も起きたしね。
再び今では恐ろしくて誰も手をつけないほどだからね。」
自社セールスマンも、平将門の首塚の事は知ってあり、「そうなんですよね。そんな場内ってあるのですよね。」
そのお話を隣席で聞いていた自分は、「平将門の首塚のお話は、ぐっすり耳にしていたけど、真面目ですな。」と、
建築事業における結果、身近に感じました。
みなさんも、近くになり、曰くつきのお話がありましたら、いたずらに手を出してはいけませんよ。
「触らぬ女神に祟り無し」だ。ライン掲示板でIDを交換するならココ

Trackbacks and Pingbacks on this post

No trackbacks.

TrackBack URL