的場文男ジョッキーを嫌いな競馬気違いはいない

大井競馬仲間入りの的場ジョッキーは59年齢として壮健のジョッキーだ。
計6888勝(内中央4勝)は各国4位の征服総計だ。
大井の帝王と呼ばれ競馬マニアから親しまれています。
数々のビックレースを手にしてきた的場ジョッキーですが、都内ダービーだけは勝つことができません。
2016ご時世まで35回出走して2着9回という記録だ。
的場ジョッキーは仮に都内ダービーを勝っていればもうジョッキーは辞めていたかもしれないとレビューしています。
自分の同士に的場ジョッキーの大マニアの男性がいます。
以前の都内ダービーの日光、的場ジョッキーは2番人気の馬に騎乗、2着で競争を終えました。
フィニッシュ競争のパドックで的場ジョッキーに野次をとばすおやじがいたそうです。
載りほうがヘタですとか、もう一度終わりちまえなど、ねちっこいぐらいだったそうです。
的場ジョッキーが本馬場へ消えてしまってから、おやじは「そんなんだからダービー損するんだよ」と寂しみたいにつぶやいたそうです。
おやじは的場ジョッキーが大好きです。ですから恋人にダービーを勝ってほしかった。
ですから、不甲斐ない騎乗を見て野次をとばしたのです。
同士はそのおやじが愛おしくもらい「そんなおやじになりたい」と思ったそうです。
例年、的場ジョッキーがタービーを勝つことを信じて応援しているマニアがたくさんいます。
競馬マニアで的場ジョッキーを嫌いな個人はいません。
本人はダービーを勝たないと辞められないとも仰っているようです。
長く続けてほしいという思えば勝たないお客いいかもしれませんが、何よりダービーを勝つ的場ジョッキーが見たいですね。
川崎の鉄人地点佐々木竹見君で60年齢まで騎乗しました。
的場ジョッキーにも長時間は残っていません。
来季こそ、都内ダービーで勝つ的場ジョッキーを見たい、そうして応援していきたいとしています。http://hat.achoo.jp/

Trackbacks and Pingbacks on this post

No trackbacks.

TrackBack URL