二十事項ぐらい解ききれず適当にマークせざるをえませんでした

最近はユニバーシティにはいってはじめてのTOEIC受験へ行ってきました。とはいうものの、ユニバーシティに入学してまったくたったの二ヶ月、がっつり対策していまを迎える人様は少なかっただ。私の傍も、「え、二百事項も解かなきゃなの?」「二ひとときとかやってらんねーよー」「え、試験中ミニオンズのスマホアプリしてサボってちゃだめなの?」みたいな感じの人様ばっかりでした。当の俺はというと、そんな感じの人様と盛り上がりながらも、じつは一月スパン空いた時間をみつけて正解を通じていまを迎えるという、タチの悪いことを通じていました。とはいっても、単に一月のそのうちのすきひととき、リスニング、本読みの序文しかまともな正解はできず、ほかの大事項はその考えとだいたいの解き方、そうして受験の際の簡単な技能ぐらいの熟知をひっさげて受験しました。現に、試験が始まるといった、私の周辺は、難点に向き合う人様もいれば、ぼーっとやる人様、熟睡して掛かる人さまざまでした。ボクは、若干の対策をしていたおかげで最初はすらすら解けたものの、いよいよ対策をしていなかった下部はしんどく、二十事項ぐらい解ききれず適当にマークせざるをえませんでした。そんな感じで試験エンディング。私のユニバーシティの規準が年々三百地点テーブルという少なめなので、四百地点とれたら嬉しいなぁという応答である。次回は、完璧の準備をして六百地点を狙いにいきたいと思います。ライン掲示板でQRコードとIDを交換

Trackbacks and Pingbacks on this post

No trackbacks.

TrackBack URL